« 吉川英治とチャングムの誓い | トップページ | 翼 »

2006年8月11日 (金)

五島慶太

引き続き、「信念」に関することである。非常に前回と似ているがお許しいただきたい。東急グループの創始者である五島慶太氏は以下のように述べている。

「人間は知と行だけではダメである。そこには必ずだれにも負けないという信念が必要だ。」

勝つための信念は昨日書いた「チャングムの誓い」でも邪魔な信念として扱われているが、「誰にも負けない信念」は絶対に必要である。私の所属する会社でも「権力」や「感情」が「信念」を捻じ曲げることが毎日ある。もちろん権力にはかなわないのはこのブログのテーマであるから、私はひたすら信念を隠している。

「信念」は使えるときに初めて使えるのである。強大な権力に権力を持たない人間が「大きな信念」で立ち向かっても歯が立たない。しかし、だからといって迎合もしないし、自分を変えることもしない。信念を持ち続けることは絶対にやめてはいけないと思う。

自分が「信念」を使えるそのときまで。。。果たしてそのときが来るのであろうか?私にはわからない。。。

« 吉川英治とチャングムの誓い | トップページ | 翼 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉川英治とチャングムの誓い | トップページ | 翼 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ